私は、「kinu」という名前の美容院を10年に渡って営業しています。おかげさまで、近所の人たちがお客様として通っていただけることで、これまでなんとかやってきています。

ところがある時、大家さんが神妙な顔をして、お店に訪れました。大家さんは「kinu」ができてからのお客様でもあるため、どうしたのかな?と、思いながらも、「今日はどうなさいますか?」と、尋ねたところ、「ここを立ち退いて欲しい」という、予想もしなかった答えが返ってきました。

これは現実ではないのでは?と思い、ほっぺたをつねろうと思ったのですが、さすがにお客様の前でそんな態度をとる訳にはいきません。なんとか気を取り直して、話の続きを聞くことにしました。

どうやら、放浪の旅というか自分探しの旅に出ていた息子さんが先日帰国して、「何かビッグな商売をしたい」ということで、「kinu」のある場所に目を付けられたそうです。

最初は大家さんも反対をしていたのですが、なんだかんだ言っても可愛い息子の言うことだし、願いを叶えてあげたいという親心もあって、「kinu」に立ち退いてもらうことになったとのことです。

とりあえず、その場では返事はできないため、後日改めて話をすることになりました。

ハッキリしていることは、このままでは、半年後には立ち退きをすることになってしまうということなのですが、そうなると別の場所に引っ越してお店を営業するということになります。

「kinu」の場合、お客様の大半が近所の人たちのため、仮に引っ越すとしても近場でないと、来てもらえなくなる可能性があります。新しい場所で新しいお客様を探すのは大変です。10年前にkinuを開店した時がそうでしたから、その苦労は身にしみてわかっています。さてどうしたものか…(続きます)